タウリンと糖尿病の関係

MENU

タウリンと糖尿病の関係

放っておくと怖い糖尿病とは

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病はインスリンを生成する膵臓の機能がうまく働かないことによってインスリンが作られない病気であり、子どもでもなります。

 

2型糖尿病は生活習慣などでなるので中年以降によく見られる病気です。ほとんどの人がこの2型糖尿病に当てはまり、体質もありますが脂肪の多い食事や運動をあまりしないことで年を取るとともに糖尿病を発症します。肥満である人やストレスの多い人もなりやすいです。

 

血糖値の調整を担っているインスリンは血糖値の値を下げる役割をしています。これを生成する膵臓がダメージを受けていると血糖値が極端に変動します。

 

糖尿病になると疲れやすくなり、体重が減ってきます。尿の量が多くなるので脱水症状を引き起こし、水分をたくさん欲しがるようになります。

 

糖尿病の怖いところは合併症になることです。目の合併症は網膜症といって、目がかすんだり視力が低下し、最悪の場合失明します。腎臓の働きが悪くなってくると腎不全にもなります。慢性腎臓病になれば生命にもかかわってきます。手がしびれてきたり痛みが走り、足の感覚がなくなるなどの神経障害も出てきます。他にも脳卒中や心筋梗塞にも関係してきます。

 

糖尿病は死に至る病というイメージが薄いかもしれませんが、このように怖い合併症を引き起こす命に係わる病気です。

 

糖尿病になる前にタウリンで予防

タウリンは肝臓だけではなく膵臓の機能もたかめてくれるので、インスリンの分泌を正常に保つことができます。そして血圧を一定に保つようにもしてくれるので、糖尿病による高血圧といった合併症関係も防ぐことができます。

 

なぜタウリンで血圧を安定させることができるかというと、ノルアドレナリンの分泌を抑えてくれる働きがタウリンにはあるからです。ノルアドレナリンはストレスを感じた時に血圧を上昇させます。タウリンはこのとき、血管を元に戻すことで上昇した血圧を元に下げてくれます。

 

糖尿病を発症した後でも諦めず、タウリンで合併症を防いだり、インスリンのコントロールを試みておくと悪化を防ぐことができます。

 

膵臓にも肝臓にもいいタウリンを飲んでおけば、糖尿病になりにくい身体へと変化させることが可能です。同じように食べたり飲んだりしている家族でも、内臓の具合はそれぞれ違います。加齢とともに内臓の機能も弱まりがちなので、長い間不摂生をしている場合は特に膵臓や肝臓のためにタウリンを摂取して、よけいなものを身体にためないようにしましょう。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!