タウリンとは

MENU

タウリンとは

 

タウリンの働き

タウリンには肝臓の機能をよくしてくれる働きがあります。
肝臓から出る胆汁酸という物質の分泌を促したり、肝細胞の再生促進に役立ち、細胞の膜を安定させてくれます。

 

タウリンがコレステロールの排出にいいとされるのは、この胆汁酸の働きがよくなるからです。
血中コレステロール値を低下させたいのであればタウリンの働きを利用することです。
インスリンの分泌もタウリンによって促されるので、糖尿病の予防にも適しています。

 

ちなみに糖尿病や肥満の方は血糖値を下げる働きのあるインスリンの働きが低下するので、肝臓に脂肪が溜まりやすく脂肪肝の方も多いです。
こういったことからもタウリンはおすすめなわけです。

 

さらにタウリンは交感神経を抑制してくれます。
そしてノルアドレナリンという血圧を上昇させるホルモンの分泌を抑えてくれる優れた成分です。
そのため血圧にもいいです。

 

タウリンが減ってしまうとそれだけ高血圧や動脈硬化になりやすくなります。
肝臓機能の低下、目の網膜に支障が出る可能性も否めません。

 

お酒を飲んだ後に飲むと言いといわれるのは、タウリンが酵素の働きをよくしてくれるからです。
肝臓の負担を減少させるため、アルコールの代謝促進が期待できます。

 

タウリンは筋肉収縮にも役立っているとされているので、不足している場合は水分が足などに溜まり、むくみやすくもなります。
そして腸内筋肉の収縮が鈍るとさらに便秘などにも発展します。

 

タウリンの摂取量

タウリンの副作用を起こさない上限として定めている1日の摂取量は、成人で3,000mgとされています。海外ではこうった明記がされているところもあります。

 

1日500mg程度は必要といわれていますが、これも海外を含めて考えるとまちまちです。
また、食事量から摂取するタウリンの量は250mgとされていることが多いです。
摂取目標量や上限が定められていないので、安全であるとされる3,000mgを摂取量として考えておきましょう。

 

摂取のタイミング

サプリメントであれば、その製品の説明書きに従って飲むようにします。
処方箋で出された場合も同じように指示に従います。

 

一般的にサプリメントとして飲む場合、食前であれば成分が食事内容に邪魔されることなく吸収されるという説があります。
食後に飲むといいというのは、サプリメントで胃酸が強まり、胃が不調になるのを防ぐためとされています。
医師から出される医薬品の場合に食後の指示が多いのはこのためです。

 

食事以外にも、筋肉トレーニングを行う前や行っている最中に飲むといいという説もあります。
お腹に食べ物がない状態なので吸収も早まります。

 

つまり、摂取するベストタイミングは人によって違うということです。
自分の胃の状態などと相談しながら忘れずに毎日飲めるタイミングを決めましょう。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!