タウリンを多く含む食品

MENU

タウリンを多く含む食品

 

魚介類にはタウリンが多く含まれている

タウリンが多く含まれているといえば、牡蠣があります。
100g中1100mgから1200mgと言われています。
よくサプリに使用されているのが牡蠣エキスですね。

 

他にはタコやイカです。
タコには100g中800mgほど含まれています。
イカには種類にもよりますが100g中700mgほど含まれています。

 

貝で言えばハマグリやホタテ貝、あさりです。
ハマグリは100g中1000mg程度含まれています。
冬など時期によっては100g中1000mgも含むようになります。
貝柱も含めれば、たくさんのタウリンを身体に入れることが可能です。
身近な食材であるアサリの場合は100g中400mgほどタウリンがあります。

 

エビの場合は最も多いもので100g中200g以上含まれています。
ズワイガニであれば450g程度です。

 

この含有量の数値も調査によってまちまちで多少違ってきます。

 

もしお吸い物などに貝類などを使うときは、加熱で溶けだしたタウリンも残さず摂取するようにすることで、調理によるタウリン減少を防ぐことができます。
生で食べられるものはできるだけ生で食べるとより摂取できます。

 

魚では秋によく食べられるサンマであれば100g中200mg程度です。
他にもカツオやブリ、キンメダイなどに多く含まれています。
同じ魚でもアカメダイやタチウオといった魚は30mg程度なので少なめです。

 

肉にもタウリンは含まれている

牛肉の場合、100g中の含有量はおよそ0.1mgほどから1mg程度です。
豚肉も鶏肉も同じように少量で魚介類に比べるとタウリンは少なめです。

 

この少ないタウリンをより多く取り入れるためには血管が多い部分を意識してとるようにしてください。
タウリンは血管部分に多く含まれているからです。
同じ肉でも含有量が違ってきます。

 

調理法での注意点

よく加熱すると損なわれると言いますが、これは食材から加熱によりタウリンが流れ出るだけなのでタウリンそのものが消滅するわけではありません。
よって加熱したときの注意点はそのさいに出る汁なども一緒に摂取することです。

 

焼くとなるとそれも難しいので、汁物にしてその出汁も一緒に飲むという方法があります。
水に溶けやすい性質を持っているので汁も飲み干せば加熱によるタウリン減少は防ぐことができます。
煮たりしたものでも煮汁を一緒に摂取するという方法がありますが、塩分の過剰摂取にだけは気をつけてください。

 

汁物の他にもグラタンやパエリアなど、出てきた汁も一緒に食べられる調理法がおすすめです。
ただ、加熱せずに食べられる食材はそのまま食べましょう。
魚であればお刺身などにして食べます。

 

大事なことは続けて摂取することなので、味に飽きたり食費が高くなりすぎたりして続かないということがないようにしてください。

 

やはり、サプリメントなが効率的に必要な成分を摂取できるので良いのではないでしょうか。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!