タウリンと肝臓・脂肪肝の関係

MENU

タウリンと肝臓・脂肪肝の関係

 

なぜ脂肪肝になってしまうのか

脂肪肝の原因は中性脂肪やコレステロールの蓄積です。
生活習慣の乱れから、最近は若い人でも脂肪肝になる人がいます。
肥満の人がなると思われがちですが、そうとは限りません。
痩せている人でもアルコールを過剰摂取していたり栄養不足の人でもなります。
この脂肪肝を放置しているとやがて肝臓がんや肝硬変を引き起こす可能性があります。

 

脂肪肝になるリスクが高い人は、朝ごはんをあまり食べず夜中に夜食をよく食べ、間食に甘いものをたくさん食べる人です。
果物なども好きな傾向があり、早食いです。
睡眠も短く、6時間以下の人がなりやすいです。

 

脂肪肝の症状は最近疲れやすい、食欲が出ない、むくみがひどいといったものなのでわかりづらいです。
女性は知らず知らずのうちに月経異常になったり骨粗しょう症にもなります。
これは肝臓が女性ホルモンの調整を担っているためです。

 

上記のような生活習慣と症状が出た時、自分にも脂肪肝が当てはまるかどうかチェックしたほうがいいでしょう。
血液検査で中性脂肪量を調べれば、自分が脂肪肝かどうかがわかります

 

肝臓の機能を高めるタウリンで脂肪肝を防ぐ

中性脂肪が蓄積することでなる脂肪肝は、肝臓の機能をよくすることで回避することもできます。

 

タウリンは肝臓の働きをサポートするだけではなく、脂肪の排出を手助けしてくれます。
なぜなら、胆汁の生成も促してくれるからです。

 

また、肝臓の細胞が再構成されるようにもしてくれます
弱った肝臓を回復させ、さらには修復してくれるというわけです。

 

お酒をたくさん飲むうえにコレステロールたっぷりのおつまみを食べれば、一気に脂肪肝のリスクが高まりますが、タウリンを飲んでおけば肝臓の機能を高めてくれるので少しでもそのリスクを下げてくれます。

 

お酒が身体に残るようになったという人も、肝臓の機能が低下しているからかもしれません。
肝臓の機能が低下しているということは、肝臓に余計な中性脂肪も貯まりやすいということです。

 

目に見えない部分であり、自覚症状も薄いことから脂肪肝は気づきにくいです。
疲労回復や睡眠改善、二日酔いの予防にタウリンを利用していれば、自然と脂肪肝を回避することにもつながります。

 

肝臓に中性脂肪がたまると、代謝が悪かったりして血流の流れが悪い状態では改善しづらいです。
運動をして汗を流すことも大切ですが、タウリンも適切に摂取して代謝機能を効率よく高め、肝臓を健やかに保ちましょう。

 

お酒を飲みすぎということであればアルコール対策のサプリがおすすめでタウリンと二日酔いの関係などを参考にしていただければと思います。

 

食べ過ぎによる脂肪肝、中性脂肪が気になる方はタウリンもそうですがEPAやDHAが配合されているサプリメントもよいと思います。
EPAは肝臓での中性脂肪の合成・分泌を抑えてくれますし、DHAはLDLコレステロールを下げる効果が期待できると言われています。

 

商品としてはイマークSなども良いのではないかと思います。
ニッスイの商品でみなさんもご存知の会社かと思います。
イマークSはドリンクタイプ1本にEPA600mgDHA260mg配合されています。
トクホの商品でお試しセットもあって利用しやすいのではないでしょうか。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!

タウリンと肝臓・脂肪肝の関係関連ページ

タウリンと筋肉(筋トレ)の関係
タウリンと筋肉(筋トレ)の関係
タウリンとコレステロールの関係
タウリンとコレステロールの関係
タウリンと二日酔いの関係
タウリンと二日酔いの関係
タウリンと疲労の関係
タウリンと疲労の関係
タウリンと糖尿病の関係
タウリンと糖尿病の関係
タウリンと高血圧の関係
タウリンと高血圧の関係