タウリンと二日酔いの関係

MENU

タウリンと二日酔いの関係

肝臓に負担となるアルコール分解をタウリンで補助

タウリンは二日酔いの予防としてよく使われます。摂取すると頭痛などの二日酔いの症状を改善できると言われています。これは二日酔いの原因となる、アルコールによる肝臓への負担が関係しています。アルコールを摂取すると、血管を通して肝臓へ運搬されます。そしてアルコール分解が始まります。このとき酵素の働きによりアルコールはアセトアルデヒドに分解されます。そして再び酵素の働きによって酢酸に分解され、最後には水と二酸化炭素にまで分解されます。

 

このアルコール分解を進めている間、肝臓はその仕事に集中することになります。よって、通常であれば必要な糖分を貯めておくという作業ができない状態になります。また、酸素も多く分解過程で使うので、酸素が足りないという状態も引き起こします。

 

アルコール分解はこのように肝臓への負担が多く、普段肝臓が行っている働きの倍以上の労力をかけることになります。このアルコールを早く排出するためには、水分を多くとって脱水症状を防ぐことや、失われる多くの栄養素を補うようにします。しかし、それだけでは二日酔いを防ぐことはできません。

 

お酒に強い人は分解過程で使う酵素の働きが強い人です。弱い人、もしくは全く飲めないという人は酵素自体が存在しないか弱いかどちらかの人です。酵素が弱くて肝臓の働きがうまくできなければできないほど、二日酔いの症状は悪化します。タウリンはこの肝臓を補助してくれるので、二日酔いが早く改善します。

 

タウリンで二日酔いの対処

タウリンは分解過程で出る酢酸と一緒になり水に溶けやすい物質になることで、尿での排出をしやすくなることが最新の研究でわかってきています。二日酔いにタウリンが含まれているシジミ汁がいいと言われるのも、この働きのおかげです。

 

アセトアルデヒドの中毒症状として二日酔いの頭痛や吐き気が出てきますが、タウリンを摂取しておけばこの症状を防ぐことができます。タウリンには肝臓にある酵素の働きを高める役割があるからです。

 

さらにタウリンは肝細胞の細胞膜を保つ役割も担ってくれるので、アルコール分解で傷ついてしまった状態の肝臓を復活させることもできます。お酒を飲むことでダメージを受けている肝臓をアルコール分解の過程からその後の回復まで手助けしてくれるため、タウリンを飲んでおくと二日酔いになりにくいというわけです。

 

二日酔い対策として飲むといいタウリンですが、オルニチンと一緒にとったほうが肝臓がより元気になります。オルニチンにはタウリンとはまた別に肝臓の解毒や栄養素の合成といった働きをサポートをする力があるからです。オルニチンと合わせタウリンを摂取するとどちらの働きも取り入れられ、最強の二日酔い予防になります。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!