タウリンの副作用

MENU

タウリンの副作用

タウリンの副作用

タウリンの副作用として報告されているのは、吐き気、下痢、腹部の違和感です。他にも便秘を訴える人もいますが、ほんのわずかだとされています。

 

胃潰瘍になりやすい人も、タウリンには胃酸の分泌を活発にする働きもあるので注意が必要です。胃を保護してくれるような食材と一緒に摂取すれば、このようなリスクを避けられます。

 

薬との相性もあります。アスピリンという鎮痛剤系の成分が薬に含まれていると要注意です。アスピリンはアセチルサリチル酸ともいうので、表示成分をよく見てください。一緒に摂取するとアスピリンが効きすぎてしまい、じんましんや血尿が出る人もいます。

 

知らないうちに高血圧気味になっている人が実はタウリンで血圧を抑えていた場合、タウリンを摂取しないことにより一気に高血圧によるリスクが高まります。タウリンを毎日摂取している人は、なるべく途切れないように飲んでいたほうが無難です。

 

タウリンは基本的には副作用はほとんどないと言われています。注意すべきはタウリンを配合した健康食品で他にも含まれている成分です。その成分の中には副作用を起こす物質が含まれていたりすることもあります。

 

食材では同じものを食べ続けると当然ながらあまりよくありません。魚介類に豊富に含まれているからといって肉を全く食べずに魚介類ばかりだと、何らかの不調を招く可能性が高くなります。

 

天然の食材にしても調理方法によっては塩分が過多になってしまったりしますし、ドリンクなどの商品で糖分過多、カフェイン過多になるのも否めません。タウリン目的で摂取するときは、他の成分のことも考えてバランスよく食品をとるようにしましょう。

 

過剰摂取すると

タウリンには摂取上限量は設けられていないので、たくさん取り入れても過剰摂取ということにはなりません。摂り過ぎた分は尿や汗と一緒に排出されるので大丈夫です。

 

よって過剰摂取による副作用の心配もありません。摂取できるだけ摂取しておいたほうがいい成分といえます。

 

ただ、それでカロリー過多になったりして肥満を招いたりするとよくありませんので、足りない分を補う形で摂取するようにしておいたほうが他のリスクを招かずに済みます。

 

過剰摂取をしても確かに副作用はありませんが、余分なものは排出されるためとればとるほど期待できるというものでもありません。それよりも続けて摂取したりタウリンが特に足りていない日により多く飲むように心がけたほうが賢明です。

おすすめのタウリンサプリ比較|肝臓などのことを考るならこれ!